シミ シワ 飲み薬

シミ飲み薬の効果

シミに効くといわれるものは、化粧品やサプリメントなど様々なものがありますが、より高い効果を求めるのであれば、飲み薬を試してみるのも、ひとつの方法です。

 

そもそも、シミは、何らかの刺激を皮膚の奥深くまでダメージを受けたことによって、メラニン色素が沈着して起こるトラブルです。
これを改善するためには、新たにメラニン色素が生成されることを防いだり、できてしまったメラニン色素を分解する必要があります。
これらは、肌の奥深くで起こっていることであるため、からだの内側からはたらきかけることでより高い効果を期待することができるというわけです。

 

シミに効く飲み薬として認可されている商品には、メラニン分解に高い効果を示すと共に、新しいメラニン色素をつくらない作用があるアスコルビン酸や、新陳代謝を促進して肌のターンオーバーを正常化するパントテン酸カルシウム皮膚や粘膜のビタミンと呼ばれるリボフラビンなどが配合されていることが多いようです。

 

これらの成分は、シミの原因によっても効果が変わってくるため、自分に合ったものを選択することで効果的にシミ対策ができるといえるでしょう。

シミに効く飲み薬人気ランキング

ロスミンローヤル

 

シミだけじゃない、小じわにも!
30日分270錠入り
通常価格 7,600円
お試し価格 1,900円

 

 

ホワイトピュア

 

L-システインを240mg配合!
1ヶ月分180錠入り
通常価格 5,800円
お試し価格 3,880円

 

 

キミエホワイト

 

肌トラブルにもプラスの効果
31日分93錠入り
通常価格 4,200円
お試し価格 1,900円

 

 

 

 

市販のシミに効く飲み薬

シミに効くとはっきりとした効能を薬事法により公表できないビタミン類を多用した気休めやプラシーボの美白サプリメントが多かった中、注目され人気がでたのはCMで同じみキミエホワイトです。
飲み薬と言えば頭痛薬や頓服薬イメージがある中、シミに効く飲みクスリと効き目や効果を謳えるしみ薬が通販で発売されたのは魅力的でしたね。
薬であるという大前提に加え取り扱いリスクが少ない上に体内から効くので全身に効果を発揮できるというのも人気の一つかもしれません。

 

しかし、私たちが知らないだけで以前から大手製薬会社エスエス製薬がかなり前からハイチオールCというシミ・そばかす・ニキビに効くL-システインを配合した錠剤を販売していました。
これは医者の処方なくドラッグストアーで普通に購入できる第三医薬品ですので薬剤師の対面販売は不要です。

 

第三医薬品とは、副作用など安全性上、多少注意が必要なレベルの薬に指定されている種類の薬です。

 

どちらもシミに効く内服薬なのは確かなのですが、それぞれに特徴がありますから比較して使い分けていきましょう。

 

ところで、最近ではシミ薬にプラスして小じわにも効飲み薬がインターネットの口コミで話題になっているのをご存知でしょうか?

 

シミ+浅いしわに効く内服薬として説明されているのがロスミンローヤルです。

 

普通なら薬を飲むのは苦手という方でも形状が粉末タイプでなく臭みがなくビタミン剤感覚で飲むという方が増えています。

皮膚科で人気なのはシミを消す飲み薬

【シナール】

 

病院で処方されるビタミン薬で有名なのがシナール配合錠とシナール配合顆粒です。

 

これらの薬剤にはアスコルビン酸が含まれこれが水溶性ビタミンCなのでビタミン剤と言われるゆえんです。

 

シナールを病院で処方してもらう場合、風邪のための風邪薬の一貫として処方してもらえれば1錠6円強の3割負担ですが、
美白のために出してもらうとなると保険は適用されません

 

1日3錠が目安となるお薬なので、1日約20円、月にすると600円となります。

 

皮膚科で受けるしみ治療について

美容皮膚科に行かなければ、しみ治療はできないと考えているような人もいます。
皮膚科の診察を受けて、しみの治療を依頼することも可能です。

 

レーザー光の照射による施術によって、肌に出来てしまった気になるしみの治療はできるようになっています。
人によっては痛みがあったり、治療後に皮膚に腫れができる場合もあるので、はじめての人は特に事前のカウンセリングを受けるようにしましょう。

 

しみの治療をしたい旨を皮膚科に伝え、自分のしみの症状を診てもらって、どんな対応方法が適切なのかを医師から直接教えてもらうことも可能です。
ハイドロキノンやトレチノインの塗り薬を使ったり、トランサミンやビタミンC誘導体の飲み薬を使うなど、治療方法は人によって色々です。

 

しみの治療に皮膚科を受診するメリットは、治療途中や、治療後に思いがけないトラブルが発生した時でも、適切に対処してもらえることです。

 

しみの症状にもよりますが、医療機関で治療を受けても、保険が使えないことは珍しくありません。
健康保険適用外になる為、しみ治療にかかる費用は、全額自己負担となるので、どのくらいかかるのかも事前に確認しておきましょう。
健康保険は、病気や怪我などの治療であれば適用になりますが、しみ治療は見た目を美しくするためのものだと判断されるため、自費負担で治療を受けなければなりません。

 

とはいえ、しみ治療の中には、保険で支払金額を一部負担してもらえるようなシチュエーションがあります。

 

自分のお肌のしみがどうなっていて、どういった治療方法が存在しており、治療費はどのくらいか、まずは皮膚科に行って尋ねてみてください。

 

妊婦としみ取り薬

色々な部分がデリケートになっている妊娠期は、美容液を替えただけで荒れたりとトラブルをおこしやすいです。
女性ホルモンの影響でシミが増える時期ですが、この時期に薬品を使うのは問題がおこる可能性があるので注意が必要です。
出産、断乳をまで薬を使ったシミケアは待つのが賢明です。

皮膚科ではシミを消す薬と治療の併用がより有効

年々、シミが目立つようになったという方、いらっしゃいませんか?

シミの原因は、紫外線や年齢によるもの、ホルモンバランスの乱れ、遺伝など、それぞれの種類によって治療方法が異なります。
また、1人で複数の種類のシミが混在することも少なくありません。

 

それぞれに適した治療方法を行うためには、皮膚科で治療するのが一番専門的で、安心な方法かもしれません。
最近ではレーザーや光治療を行うことが一般的になっていますが、シミの状態によっては何度か施術を受けなくてはならないこともあります。

 

また、より効果的に治療を行うためには飲み薬や塗り薬を併用した治療を行うこともあります。
飲み薬には抗酸化作用が強いアスコビン酸や、肝斑の治療に用いられるトランサミンがあります。

 

また、塗り薬は強力な漂白作用を持っているハイドロキノンや肌のターンオーバーを促進するトレチノインなどがっ処方されることが一般的です。

 

塗り薬はドラッグストアなどで安価で購入することもできますが、シミの種類に適した薬を使用することで優れた効果を発揮することを考慮するなら、病院で処方してもらう方が良いかもしれません。

しみ対策に役立つ成分とサプリメントについて

しみの予防や改善のために、補助的栄養としてサプリメントを効果的に利用する方法があります。

皮膚にしみができる理由はいくつかありますが、紫外線の影響や、加齢などが原因です。

いくつかの方法が美白に効果的だと言われていますが、簡単に実践できて誰でも可能なものに、サプリメントがあります。
ドラッグストアなどで販売されているサプリメントは、法律上は食品に分類され、副作用等の危険性が少ないものです。

しみの予防や改善に役立つとされる栄養成分が配合されているサプリメントは数多く販売されており、人気商品となっています。
サプリメントを利用することで、白く若々しい肌でいるために必要な栄養成分を食事以外の方法で確保することができます。

しみが気になる人が利用しているサプリメントは数多くなるので、自分の症状に合ったサプリメントを選ぶ必要があります。

美容効果があるサプリメントについては、ネットのランキングや口コミのサイトをチェックすることで、最新の商品についてわかります。
サプリメントは過剰摂取が体に有害なこともありますので、安易に使いすぎないようにすることも大事です。
紫外線に肌をさらさないようにしたり、美容効果のある栄養を食事で摂取することも、お肌のためには大切なことです。
どんなに優れたサプリメントであっても、摂りすぎると逆効果になってしまいますので、利用方法は守るようにしましょう。

毎日のスキンケア、食事内容の改善、健康的な生活、そしてしみ対策に有効な成分をサプリメントで補給すること、いずれも大事にしたいものです。

@コスメでも人気ホワイトC錠とは?

実はホワイトC錠と検索しても@コスメではヒットしません。

ホワイトC錠がどういう商品なのか調べてみると、これは第三医薬品でL-システインなどを配合したシミそばかす対策の飲み薬でした。

商品名で検索しても一番上に公式サイトが出てこないので、もしかしたらそんなに話題ではないかもしれません。

シミに効く飲み薬の口コミ


@コスメより引用

ためしてガッテンで紹介されたシミ消す方法

NHKのためしてガッテンでシミの消し方が紹介されていました。

 

番組によると、シミには赤いシミ茶色のシミがあって、これを見極めて適切なケアをすればシミを改善することができるそうです。

 

まず、赤いシミは日光角化症という紫外線が肌に及ぼすダメージによって起こる現象によるものかもしれません。
これが蓄積するとがんになることもあり、イミキモドクリームを塗布することで改善することができます。
日光角化症は、赤みが半年以上継続する、触ると肌の表面がガサガサとしている、痛みやかゆみはほとんど感じないという特徴があり、日焼けしても黒くなりにくい人や長期間日光に当たってきた人に当てはまるそうです。

 

次に、茶色のシミですが、これは洗顔時や化粧水、乳液などを使用する際に発生している摩擦による炎症である可能性が高いとのこと。
つまり、毎日の積み重ねがシミの元となっているのです。

 

これに対するケア方法は、洗顔の時にたっぷりの泡を使用することです。
泡立てネットなどで洗顔クリームを十分に泡立て、顔全体に乗せるように2〜3分パックするだけで改善することができます。

 

 

生活習慣とシミ対策

シミは生薬やハーブに頼るだけでなく、バランスのよい食生活や添加物(甘味料)を取らない工夫の見直しで予防できることはたくさんの情報により理解されつつあります。

 

又、血行促進は新陳代謝を上げるのでメラニン生成の抑制につながります
また、血液がサラサラであると充分な栄養が届くことでシミになりにくい肌を目指すことができます
ですから、最近は健康維持の役割があり優秀とされるイメージの食べ物が肌にも関係しているということがわかってきました。

 

ところでゴールデンタイム聴いたことありますよね?
良い睡眠が美肌を作りだすことは医者も認める上に経験済みのモデルも多いです。

 

薄着は肌にも悪い影響をもたらします。
ですから、薄着でオシャレを楽しみたい人ほど、運動が必須です。
手先まで暖かい血液が行き渡るのは血色をよくするのにつながることになります。
これは、真皮を乾燥させず湿す水分を保つことにつながりシミ予防に必要です。

 

つまり内部からの働きを高め体温を上げる努力を行うのに運動なら素人でもできる非常に良い方法です。

 

薬局で購入できるケシミンクリーム

 

 

小林製薬 ケシミンクリーム
30g 1,800円(税込 1,944円)

 

ビタミンC誘導体が集中的に角質層のすみずみまでじっくり浸透して、メラニンの生成を抑え、しみ・そばかすを防ぎます。
新陳代謝が活発になる就寝前に塗るのがおすすめです。